Organic Pantryの推しは…

朝晩過ごしやすくなってきましたね。
そろそろ体も温かいものを求めるころでしょうか。

わたしはこの季節の朝の台所が大好きです。ポット、鍋、蒸篭から立ち上がる湯気が美しくて、いつまでも見ていられるので、ついついのんびりしすぎて、結局家を出るときは子ども達を怒鳴り散らしながらバタバタしてしまうという、リアルと夢のはざまを行ったり来たりして、ゆるーく(激しく?)過ごしております。

さて、タイトルをお読み頂いて何が浮かんだでしょうか?
Organic Pantryの推し、それはずばり蒸篭です、せいろです、セイロです。
湯気の美しさもさることながら、とにかく使い勝手が良いので、みなさんにもぜひこの素晴らしさを共有したく、いくつかのおすすめポイントを紹介しますね。

 POINT1

『飲茶、めっちゃおいしい!』

わたしが蒸篭を使い始めたきっかけは、ずばり肉まん。 冷凍の肉まんを美味しくふっかふかに蒸し上げたら、とっても美味しいんじゃないの?と思い、いろいろ探しました。 飽きて使わなくなるかもしれない・・・と思った私は、お手頃価格のものを購入し、慣れてきたら、イイもの買っちゃおう!ともくろんでいましたが、同じものを使い続けてかれこれ5年がたちました。色みも木の質感も良い感じに味が出てきて、とっても愛着が湧いているのです。と、蒸篭愛で話がそれましたが、冷凍豚まん、しゅうまい、とっても美味しくできあがります。蒸篭のまま食卓に出すと、本場感でますよ。 無添加豚まん、無添加しゅうまいは下記から購入できます。

 POINT2

『とにかく手軽に使えて、究極の時短!』

蒸篭というと、手の込んだ難しい料理を想像しがち。もちろん手の込んだ料理も作れますが、我が家では、冷やご飯やパンを温めます。ご飯は炊きたてのようにふっくらツヤツヤに、パンは焼きたてのように、ふわっふわのもっちもちです。 さつまいも、とうもろこしなど、そのまま蒸篭にのっけて、ほったらかし。 何段でも積めるので、一つのコンロでたくさんの料理が出来上がっちゃうのです!
蒸籠で作る時短料理

 POINT3

『お手入れ簡単!』

使い終わったら、さっとふきんで拭くだけ。なるべく日かげで干しましょう、というのが定説ですが、わたしは使い終わったら、汚れがなければ、そのままキッチンの隅っこにそのまま積んで、おしまいです。ずぼらなわたしには、うってつけの道具だと痛感しております。 白崎茶会の白崎裕子さんが、NHKきょうの料理で蒸篭特集をされたのを録画して何度も観ています。Organic Pantryの食材を使って、ちょっとアレンジを加えた再現レシピもご紹介していくので、お楽しみに!
蒸籠で作る時短料理
Have no product in the cart!
0